この作品は2004マルテン(マルタカヤ模型展示会)に出展した作品です。 キットはタミヤからも同じ内容のものが出回っていますが、これはイタレリの箱に入ったキットです。 タミヤから出回っているものは胴体の部品割など少し変わっていて組みやすくしてあるようです。




キットのモールドは一部を除き凹でしたので、修正も楽でした。 なお、全体にラインが浅い印象が強く、弱いところは少し彫ってやる必要があるようです。 垂直尾翼の勘合部が微妙なので、取り付ける前によく摺り合せることが必要です。


色はクレオス指定色で、試作2号機仕様で塗装しています。 キャノピーのマスキングにハンブロールのゾルを使用しました。 使用感は非常に良いものでした。 付属デカールは薄くて比較的上質でしたので、しっかりとトリミングして使用しました。


胴体下部のウエポンベイは、機体のスタイルを大事にしたかったので閉じた状態で組みました。 エアインテーク周りは摺り合わせと薄々攻撃が必要です。


2005/5/10


F-22 イタレリ 1/72

inserted by FC2 system